外資系企業に転職する魅力

世界中で自分の能力を試すことができるチャンス


外資系企業は、勤続年数や職種、役職などによりますが、日本企業と比較して海外転勤の機会が多い傾向があり、世界中で自分の能力を試したい人にとって魅力的な就職先として捉えられることがあります。例えば、帰国子女や海外の大学を卒業した人などは、外資系企業で活躍できるチャンスが大いにあるため、早いうちから企業ごとの主な事業内容や募集職種などを調べて、積極的に転職活動をすることがおすすめです。また、大手の外資系企業をはじめとして、新卒者だけでなく、出産や育児などのブランクがある人や他業種からの中途採用者も活躍しやすい環境が整っているところが少なくありません。そこで、転職後に順調にキャリアアップを図りたい場合には、将来を見据えて各部署のリーダーや役員などを目指しやすい企業を探してみると良いでしょう。

若手社員の人材育成に取り組んでいる企業が多い

世界中に支社がある外資系企業では、優秀な社員を育成するために、主に若手を対象に語学やビジネスマナー、営業など実務に即した内容の教育に力を入れているところが多くあります。また、20代の第二新卒者を受け入れている外資系企業の中には、新卒者と同様の教育プログラムを作成したり、外部のセミナーに参加できるようにしたりするところが目立ちます。外資系企業の人材活用の取り組みについては、外資系企業の求人が多く掲載されているサイトやアプリなどに紹介されることもあります。そのため、特別な知識や経験がない人であれば、転職希望者に人気がある外資系企業での若手社員に対する教育期間や、主な研修のテーマなどに注目をして転職先の候補を選ぶことがおすすめです。