外資系企業に転職するときの注意点

自分が希望する職種で期待される語学力を確認しよう


外資系企業は、国内の企業よりも海外転勤や出張などの機会が多く、場合によっては社内で外国人の上司や同僚とコミュニケーションを取る必要があるため、転職活動に向けて語学力を磨くことがとても大切です。特に、営業や事務、総務などの職場の内外で様々な立場の人と接する職種に就きたい時には、志望企業の求人情報や会社案内のウェブサイトを参考にして、転職後に求められる語学のスキルについてじっくりと調べておきましょう。最近では、外資系企業の担当者と直接コンタクトを取れるイベントが各地で開かれているため、転職活動の合間を縫って、自分が希望する職種で期待される語学力について把握することがおすすめです。その他、職種にかかわらず、国内外で活躍のチャンスを掴むにあたり、転職後にビジネスレベルの英会話の能力をマスターするのも良いでしょう。

選考時に英語で書類を記載して積極性をアピールしよう

高待遇である外資系企業の中途採用試験に備えるうえで、書類選考の際には、自分自身の過去の経験や得意な分野を英語でアピールできるようにしておくことがおすすめです。大手の外資系企業では、語学に堪能な中途採用者を優先的に管理職に登用したり、現地駐在員として優秀な社員にチャンスを与えたりしているところがたくさんあります。そうした中、他の求職者に差をつけられる書類を作成したい場合には、外資系の転職に強いエージェントや人材紹介会社などに助言を求めると良いでしょう。なお、過去に様々な仕事を経験した人であれば、履歴書や職務経歴書に端的に外資系の中で通用しそうな業務の内容について分かりやすく記載することがポイントです。