利益を追求する心構えも肝心

なぜ利益を追求する心構えが必要か?


外資系企業に転職するのであれば、利益を追求する心構えが必要だと言われていますが、なぜ必要なのか知っているでしょうか。それを知るには外資系企業の特徴を理解する必要があります。まず外資系企業の特徴として挙げられるのは、年齢や性別に関係なく出世することができる成果主義であるという点です。会社に入ったばかりの20代の若手であっても、仕事能力が高ければマネージャークラスに昇進して高収入を得ることも可能です。外資系企業で言う仕事能力が高いとは、成果を出しているということなので、貪欲に利益を追求することが出世するために必要なスキルであるといえます。他にも外資系企業では、リストラが日常的に行われることが多いので、利益を上げて結果を残さないと自分の職をキープすることが難しい傾向です。

利益を追求する本当の理由とは?

外資系企業がなぜそこまでして利益ばかりを追求するのかというと、日本に進出してきている外資系企業の大半が少数精鋭部隊だからです。外資系企業では日本企業に比べて人員が少ない傾向なので、利益を上げるために効率よく業務を分担しなければなりません。いかに効率を上げ、利益を出すかを常に考えていることが多い外資系企業は、日本人から見ると過酷な業務に感じられるのかもしれません。外資系企業にリストラが多いのも、人員が少ないことも理由になっています。日本企業であれば、一人の社員が能力が低くても十分な人員が確保されているので、他の社員がフォローすることができますが、外資系企業はギリギリの人員で業務を行っているので、能力が低いと判断されるとすぐにリストラされてしまうのです。