外資系企業の特徴

成果主義で部署異動がない


外資系企業の特徴としてまず最初に挙げられるのは、成果主義という点です。外資系企業では自分の上げた成果がダイレクトに評価されます。仕事で成果を上げれば年令が若くても高収入を得られますし、出世もしていけます。年功序列制度のようなものはありません。収入を増やしたいと考えている方は、外資系に転職するのもいいかもしれません。
次に挙げられるのは、一つの部署で長く勤められるという点です。外資系企業は社内の部署異動というものがほぼありません。日本の会社のように、いろんな部署を経験してジェネラリストを育てるといった社内風土はありません。本人が異動を望まない限り、配属された部署で働き続けることになります。このため、専門性を高められるというメリットもあります。何かスキルを磨いて、スペシャリストになりたいと考えている方にも外資系企業に向いていると言えるでしょう。

労働時間や休暇制度が充実しており女性も働きやすい

労働時間や休暇制度が充実しているのも、外資系企業の特徴です。外資系企業は日本の会社よりも残業をする時間は少なく、休日も多いです。キリスト教圏の国の企業ならクリスマス休暇があります。配属される部署にもよりますが、語学力も磨けるでしょう。コミュニケーションの際に、英語やその他の外国語を使う場面もあります。本社や他国の支社のスタッフと連絡を取る機会も訪れるかもしれません。上司が外国人、同僚に外国人が多いといった職場もあるでしょう。外資系企業は女性が働きやすいという特徴も持っています。出産後、仕事復帰するときに時短勤務や在宅勤務ができるところも多いです。子育てをしている女性に手厚いサポートがあるのも外資系企業と言えるでしょう。