英語力が欠かせない

英語は国際的な公用語であることを理解する


英語はその名称のとおり本来はイギリスの言語です。しかし、アメリカやオーストラリアで普通に使われている他、英語圏に含まれない国や地域の多くで公用語として扱われています。また、航空管制官のように英語で話すことが基本になっている職種も存在します。そのため、英語は決して日常生活とは無関係な言語とは断言できないのです。外資系企業で働くことを希望している人であれば、自分がいつ英語が必須な部署に回されてもいいように日常会話レベルの英語力を習得する必要があります。外資系企業は国際的な規模で業務を展開することが多く、様々な国や地域と関わりを持つことも珍しくありません。それぞれの地域の言語をすべて覚えるのは困難ですが、国際的な公用語である英語を学んでおけばビジネスに支障をきたすおそれは無いと言えます。

実践的な英語力を得るための工夫

外資系企業で求められる英語力は会話を重視したものになっています。メールのやり取りでは文章の作成能力も問われますが、電話での応対や面と向かっての話し合いに至るケースが圧倒的に多数です。そのような状況では訛りや隠語など、学校の教科書を読むだけではほぼ理解ができない事柄についても熟知している必要があります。実践的な英語力を得るには英語をナチュラルに話せる外国人との会話で経験を積むのが最も効果的です。外資系企業の中には英会話学校での勉強を推薦する所もありますが、教える側の外国人の発音や語句の選び方に影響される点は注意する必要があります。やみくもに勉強するよりも発声が綺麗で訛りも無い、正統派の英会話を学べる所を選ぶのが会話に適した英語力を得るためのコツです。